メインビジュアル
メインビジュアル
メインメッセージ
メインメッセージ
メインメッセージ
メインメッセージ

Method

藤井式口腔メソッドとは?

藤井式口腔メソッドでアスリートの筋力を高める様子を動画で紹介しております。

Example

実例のご紹介

プロフィール

  • 名前

    丹羽圭介(Niwa Keisuke)

  • 職業

    キックボクサー

  • 戦歴

    2009年 KAMINARIMON全日本大会
    65㎏級優勝
    2010年 RISING ROOKIES CUP
    スーパーライト級新人王
    REBELS63kg初代チャンピオン

丹羽圭介選手

感想

REBELS63kg初代チャンピオンになれたのは、最高のパフォーマンスを発揮するためのおかげさま様、各分野スペシャリストたちの専門分野のチカラや智慧をお借りした、英知の集合体が「二ワールド」となり、ベルトという証を残す事が出来ました。

芸能人は歯が命、
アスリートは噛み合わせが命。
〜マウスピース編〜

口の中に髪の毛一本でも入ると気になるように口の中はとても敏感。

本来、マウスピースを噛む事でダメージを軽減させる物として使われてますが、オーリングテストで自分にとっての最高のパフォーマンスを出せる噛み合わせ、パーソナルカラー、素材や形などで十二分の発揮にも繋がるし、逆を言えばそれによって、不十分なパフォーマンスや、アンバランスを招いて怪我にも繋がる。

口の中は全身を動かすための重要な部分だと言うのは、この新神戸歯科、藤井式マウスピースに変更してからの論より証拠の4連勝です。

試合のパンツの色や素材、微調整も藤井式を授かりし、五反田の恵美歯科医院の奥田恵美先生にしていただいてます。いつもありがとうございます!

YouTube動画ページへ

Profile

ドクタープロフィール

藤井先生
藤井先生

新神戸歯科名誉院長・医学博士
藤井 佳朗

歯の噛み合わせと運動能力とは密接な関連性があります。スポーツ選手にとって競技能力を向上させる噛み合わせを実現することで、スポーツパーフォーマンスの向上が期待できます。これは総論として歯科医師ならば誰でも知っていることです。しかしながら、どのようなかみ合わせを実現すればスポーツパーフォーマンスの向上が得られるかに関しては、議論百出の状況です。そこで、私はオーリングテストを利用しています。ペンフィールドの脳地図を見てわかるように、脳に占める指の支配領域は非常に大きく、それ故、オーリングテストが利用する指の筋力が脳の状態を反映します。すなわち、身体の司令塔とも言える脳状態を反映するのです。さらに、12対ある脳神経のうち、口腔周囲に分布する第5脳神経すなわち三叉神経が、脳神経中最大であり、口腔周囲からの多くの信号が脳に到達すると考えられることから、頬粘膜や舌粘膜への刺激なども考慮すれば、脳機能の維持向上が図られると考えられます。脳機能が向上すれば、平衡感覚や筋力の向上が認められ、スポーツパーフォンマンスの向上が期待できるのです。

Media

メディア出演履歴

Media

メディア出演

藤井式口腔メソッド


2020年10月放送

毎日放送「ちちんぷいぷい」

Radio

ラジオ出演

Publishing books

出版書籍

慢性痛を治したければ歯科に行きなさい

慢性痛を治したければ歯科
に行きなさい

歯科からの医療革命

歯科からの医療革命

「体の症状を歯から治す」これが究極の
ホリスティック歯科医療だ!

歯科からの逆襲

歯科からの逆襲

寝たきり老人が歩き出す歯科治療って
何だ!!

携帯電話は体に悪いのか?

携帯電話は体に悪いのか?
(DVD付)

歯科からの電磁波対策

帰ってきた歯科からの逆襲

帰ってきた歯科からの逆襲

DVD映像で学ぶ

咬合のmagic

咬合のmagic

論より証拠

Electromagnetic waves and indirect effect(英語)

Electromagnetic waves
and indirect effect
(英語)

Dental Treatment for Whole Body Health
(英語)

Dental Treatment for
Whole Body Health
(英語)

Contact

お問合せフォーム

※は入力必須項目です。

お名前
フリガナ
競技名
ご住所
郵便番号 (半角数字、「-」ハイフン不要)

郵便番号を入力して「住所表示」ボタンを押してください。
住所が自動入力されます。

都道府県 arrow

市区町村・番地・建物名・部屋番号  (全角)

電話番号
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
ご相談の内容

個人情報保護に関する方針

【目的】
脳歯科プライバシーポリシー(以下プライバシーポリシーと略す)は、お問い合わせ目的のインターネットユーザーおよびセミナーの活動に参加する方の個人情報の保護及びその有効利用を目的とする。
【個人情報の定義】
「個人情報」とは、日本脊椎脊髄病学会のオンラインシステムや電子メール、郵送、FAX等で会員および本学会の活動に参加する非会員から提供を受けた住所、氏名、電話番号、電子メールアドレス等、特定の個人を識別できる情報をいう。
【個人情報の収集】
脳歯科がお問い合わせ目的のインターネットユーザーおよびセミナーの活動に参加する方の個人情報を収集するのは、脳歯科の事業目的に沿って行う、サービスの提供、調査研究、および過去に集められた個人情報を更新する場合に限るものとする。
【脳歯科による個人情報の管理】
脳歯科は、収集した個人情報を外部へ漏洩したり、破壊や改ざんを受けたり、紛失することの無いよう厳重に管理することとする。保存された登録情報の管理については、漏洩の防止措置を講ずるものとする。ただし、技術上予期し得ない方法による不正アクセスなどにより改ざん・漏洩などの被害を受けた場合には、脳歯科はその責を負わないものとする。
【個人情報の開示】
ア)脳歯科が収集した個人情報は、業務に必要な場合必要最小限の範囲で、守秘義務契約を結んだ上で外部委託業者に提供することがある。また、情報の統計を、個人を特定する情報を含まない形で第三者に提供する場合がある。これらの情報提供は、提供者に対して同意を得ることなく行われることがある。
イ)個人情報については、次のいずれかの場合には収集目的以外の目的に開示または提供することがある。
・法的な手続きに基づき、開示または提供を求められた場合。
・個人情報提供者が情報の開示または提供に同意・承諾した場合。
・脳歯科の事業目的に沿って行う情報配信サービスや、脳歯科運営上必要な事務連絡等の目的で電子メール等を送付するため、個人情報を利用する場合。
・その他、脳歯科で承認された事業計画を達成するために正当な理由がある場合。
【改定および適用について】
本プライバシーポリシーの改定は、脳歯科内において議決する。すべての改定はホームページで公表するものとする。脳歯科が個別に定める規則により個人情報に関わる規則が定められた場合は、定められた個別規則を優先し適用するものとする。
※上記のうち、同意しがたい事項がある場合には、その旨をお問い合わせにてお申し出下さい。
※お申し出がないものについては、同意していただけたものとして取り扱わせていただきます。その後「同意」又は「不同意」等の申し出があれば、申し出に沿った対応をいたします。
【個人情報の保護に関する問い合わせ先】
脳歯科事務局
〒650-0021 兵庫県神戸市中央区 三宮町3-9-18 三陽ビル2F
TEL.078-332-7667